建築、支部、関東、学会、一般社団法人、日本、aij、kanto

一般社団法人 日本建築学会関東支部

一般社団法人 日本建築学会関東支部

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • twitter
  • facebook

 

2020年度(第91回)関東支部研究発表会

  

髙橋徹関東支部長からの開催のご挨拶(2/22)(→PDF版

  

研究報告集Ⅰ・Ⅱ CDROM版 頒布を開始(2/22)(→購入HP

  

支部研究発表会プログラム(→PDF版

  

支部研究発表会のオンライン開催について(→PDF版

すべての関係者へ

1)オンライン会議システムのZoomを利用します。利用マニュアルをご利用ください。

2)発表者・聴講者・司会者等すべての関係者は、事前にZoomのアプリをインストールしてください。(諸事情によりアプリをインストールできない方は、ブラウザからご利用いただけます。)

3)すでにインストール済みの方は最新バージョンにアップデートしてあるか確認して、最新バージョンに更新しておいてください。

4)ご利用になったことがない方は、必ずZoomのテストページを使って試してください。また、2月15日(月)~21日(日)まで接続テストを実施しますので、当日ご利用になる機材を用いて、Zoomの機能に慣れ親しんでおいてください。アクセス方法は2月10日頃(→2月12日に発表者・司会者にメールにてご連絡しました。にお知らせします。

5)プログラムは事前に公開しますが、支部研究発表会用Zoomのミーティングルームへの接続情報については2月25日(木)までに登録していただいたメールアドレスにご案内します。

6)操作でご不安、ご不明な点があれば事務局までお問い合わせください。テスト期間以外でも可能な限り調整し、対応させていただきます。

7)オンラインでのご自分の環境を利用してのご参加が難しい発表者、司会者は事務局までお申し出ください。

8)支部研究発表会の遂行および優秀研究報告集・若手優秀研究報告賞の審査を目的とし、一般への非公開を原則とし、録画・録音を致しますのでご承知おきください。

 問合せ

 日本建築学会関東支部 事務局  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。  tel 03-3456-2050
 

発表者の方へ

1)必ずプログラムから発表セッションをご確認ください。セッション15分前にはミーティングルームに接続して、出欠の確認を受けてください。その際に、パワーポイント等の映写資料をあらかじめ開いておいて、画面共有がすぐに出来る状態にしておいてください。ご自分の発表時間だけでなく、セッションの時間内はセッションに留まるようにしてください。

2)ご発表セッションを含む支部研究発表会用Zoomのミーティングルームへの接続情報は2月25日(木)までにご登録いただいたメールアドレスにお送りします。

3)発表はZoomの画面共有機能を用いたリアルタイムの口頭発表に限ります。事前に発表を録画したものを流すことを禁止します。

4)発表されるセッションではお名前を「発表番号+氏名(所属)」に変更してください。例:1999建築花子(計画大学」

5)ご自分の講演の順番になったら、速やかに画面共有して、マイクとカメラをオンにして発表を開始してください。

6)発表時間は15分(発表12分、質疑応答3分)です。時間厳守でお願いします。

7)発表が終わりましたら、画面共有を解除し、マイクとカメラをオフにしてください。

8)発表が接続機器によりうまく行えない場合は、司会者の裁量により発表の順番を入れ替える場合があります。その際は司会者の指示に従ってください。なお、発表者の接続不良によりセッション内で発表が行えなかった場合は、優秀研究報告集・若手優秀研究報告賞の審査対象外となります。

9)オンラインでの発表は著作権法上、公衆送信として考えられますので、画面に表示される図表・映像・音声などは著作権上の問題のないものを利用してください。他の方が保有されている著作物は、ご自分でかならず許諾を取ってからご利用ください。
 

司会者の方へ

1)セッション15分前にはミーティングルームに接続してください。

2)接続後にお名前を「司)氏名(所属)」に変更してください。

例:司)建築花子(環境大学)

3)セッション開始直前に、セッションタイトル・司会者の氏名・発表時間をアナウンスしてください。また、質問がある方は手を上げる機能を利用し、司会者が指名した方が質問をするようにご案内ください。

例:「これより◯◯部門の「△△△△」のセッションを開始します。私は司会の□□□□です。よろしくお願いします。セッションを開始するにあたり、注意事項があります。口頭発表時間は12分、質疑応答は3分です。口頭発表終了1 分前の合図として11分に1鈴、口頭発表終了・質疑応答開始の合図として12分に2鈴、質疑応答終了の合図として15分に3鈴が鳴ります。質問がある方は「手を挙げる」機能を使い受け付けます。私より指名されたら、マイクとカメラ両方を必ずオンにして質問を開始してください。時間内にセッションを終えられるようご協力ください。それでは、講演番号XXXXの方、講演を開始してください。」

4)発表者が口頭発表を行っている間は、マイクをオフにしてください。

5)質疑応答は、参加者リストの中で手を挙げている人を口頭で指名し、質問してもらってください。

6)発表者の接続や音声等にトラブルがあり、すぐに解決できそうもない場合は、司会者の裁量によりセッションの最後に発表していただくようにしてください。

7)支部研究発表会の運営が潤滑に行えないような妨害行為がある方には、警告のうえ、ご退出していただいてください。ご退出いただけない場合はミーティングルーム管理者に削除(強制退出)するよう指示してください。

 

審査員の方へ

1)必ず依頼時にお送りしたプログラムからご審査されるセッションをご確認ください。

2)ご審査されるセッションを含む支部研究発表会用Zoomのミーティングルームへの接続情報は2月25日(木)までに依頼をお送りしたメールアドレスにお送りしますので、事前の登録は不要です。

3)接続後にお名前を「氏名(所属)」に変更してください。審査員であることの明記は不要です。

4)審査方法等詳細については別途メールにてお送りします。

5)その他は下記「聴講者の方へ」をご参照ください。

 

聴講者の方へ

1)発表・司会・審査の予定がない方は必ず本会HP(https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=637688)より事前登録をしてください。登録したアドレスに支部研究発表会用Zoomのミーティングルームへの接続情報をご案内します。

2)ミーティングルームに接続した際は、マイクをミュートにしてください。

3)接続後にお名前を「氏名(所属)」に変更してください。

例:建築次郎(環境大学)

4)質問がある方は、手を挙げる機能を使い、手を挙げていただき、司会者に指名されたら、マイク、カメラの両方をオンにしてから質問してください。

5)質問が終わったら、マイクをミュートにして、手を挙げる機能の手を降ろしてください。

6)ミーティングルーム管理者が、発言していない方のマイクを強制的にミュートにする場合があります。また、司会者、ミーティングルーム管理者の判断によりセッションの妨害またはそれに準じるような行為が見受けられた場合は、警告のうえ、ミーティングルームより退出して頂く場合があります。あらかじめご承知おきください。ミーティングルーム管理者から強制退出となった参加者は再度ミーティングルームに接続できなくなります。

 
 

ミーティングルーム管理者の方へ

1)ミーティングルームへの接続は、Zoom専用アプリケーションを使い、建築学会関東支部事務局から提供されたメールアドレスとパスワードでサインインして行ってください(これで管理者の権限が与えられます)。

2)セッション15分前にはミーティングルームに接続のうえ、セッションの司会者と発表者が接続済みで、在席しているかを確認してください。

例:これより出席の確認とマイク、カメラのテストをします。呼ばれた方はマイクとカメラをオンにして返事をしてください。司会者の〇〇様…講演番号xxxxの方…講演番号xxxxの方…。※もし返事がなければ、セッションスタートまでに何度か確認してください。

セッションスタート1分前に出欠確認状況を司会者の方にお伝えしてください。

例:司会者の◯◯様、全員出席です。Or 講演番号XXXXの出席の確認ができていません。時間ですので、セッションを開始してください。)

3)セッションがスタートする前に、聴講者にマイクをミュートにしていただくようアナウンスしてください。アナウンスしてもミュートにしていただけない場合は、「参加者の管理」画面より強制的にミュートにしてください。

4)発表者が発表する際にマイクとカメラがオンになっていない場合は、オンにするようお声掛けください。または、「参加者の管理」画面より、発表者に「ミュート解除」「ビデオの開始を依頼」していただいても結構です。管理者による参加者のマイクのコントロール方法については下記HPをご覧ください。

https://tipstour.net/zoom-host-mute

5)ハウリングが生じた場合はスピーカーから音声を出力しているか確認し、その場合はヘッドフォンをご利用いただくか、ヘッドフォンをお持ちでない場合は、発表時にはスピーカーの音量を0もしくはなるべく最小にするよう促してください。

6)タイムキーパーとして、Zoomのマイクをオンにして、11分で第1鈴(ベル1回)、 12分で第2鈴(ベル2回)、 15分(質疑応答終了時)に第3鈴(ベル3回)をお願いします(プレゼンタイマーのアプリで設定しておくと便利です。この場合、音量は事前に調整しておいてください。マイクをオンにし忘れた場合は口頭でお知らせください。

プレゼンタイマー http://apps.tmurakam.org/presentationTimer/index.html

7)支部研究発表会の運営を大きく阻害する方は司会者の指示に従い、「参加者の管理」より参加者を「削除」(退去)してください。なお、削除した参加者は会議室へ再入場できなくなりますので、誤って削除しないようご注意ください。

8)各講演の質疑応答終了時に手が上がったままの場合は、参加者の管理の右下の「…」を開き、「すべての手を降ろす」で強制的に手を降ろしてください。

9)休憩時間(セッション間)は、このPDFをダウンロードして、画面共有機能を使って表示してください。

10)自動録画機能を有効にしてありますので、録画を一時停止をしたり、停止したりしないようにしてください。

 

2020年度(第91回)関東支部研究発表会応募要領ほか

2020年度第91回日本建築学会関東支部研究発表会 研究報告応募要領

■登録受付・PDF投稿(投稿は締切りました)

 投稿者の都合によるデータベースの修正、投稿ファイルの差し替えは一切致しません。

優秀研究報告集について

若手優秀研究報告賞について

テンプレート

入会手続き